/

東証大引け 反発、212円高 業績改善期待の買い、午後は上げ幅縮小

(更新)

13日の東京株式市場で日経平均株価は反発し、前日比212円88銭(0.72%)高の2万9751円61銭で終えた。国内外の景気が回復し、企業業績も上向くと期待した買いが優勢だった。韓国や香港などアジア株式相場の堅調さをみた買いも入り、上げ幅が350円を超える場面もあった。

朝方から上昇して始まった。前日に日経平均が200円超下げた反動で、戻りを期待した買いが先行した。中国の税関総署が発表した3月の貿易統計で、ドル建ての輸出が市場予想を下回ったものの、輸入は前年同月比38.1%増とダウ・ジョーンズ通信がまとめた市場予想(25.0%)を上回った。「中国の内需の強さは日本の輸出増につながり、業績改善の支えになる」(大和証券の石黒英之シニアストラテジスト)との見方があった。

日経平均先物の上昇に連動して、ファストリなど主力の値がさ株を中心に買いが入った。もっとも、高値では戻り待ちの売りも出やすかった。米株価指数先物が日本時間13日午後の取引で弱含みとなったことも、上値を抑えた。

JPX日経インデックス400は反発。終値は前日比33.16ポイント(0.19%)高の1万7633.57だった。東証株価指数(TOPIX)も反発し、3.96ポイント(0.20%)高の1958.55で終えた。

東証1部の売買代金は概算で2兆3028億円。売買高は10億1661万株だった。東証1部の値上がり銘柄数は1110と、全体の約5割を占めた。値下がりは975、変わらずは105銘柄だった。

きょう東証1部に新規上場した紀文食品は9時16分に付けた初値(1271円)を46円(3.6%)上回る1317円で終えた。

板硝子が上昇した。浜ゴムJFEも買われた。一方、東急や京成が下落した。サッポロHDも安かった。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン