/

東証大引け 4日ぶり反落 海外経済減速や原材料高が重荷

12日の東京株式市場で日経平均株価は4営業日ぶりに反落し、前日比475円64銭(1.77%)安の2万6336円66銭で終えた。世界的な景気減速への懸念から、前日の欧米株式相場が下落した流れを受け、東京市場でも運用リスクを回避したい投資家が幅広い銘柄に売りを出した。下げ幅は一時500円を超えた。

中国で新型コロナウイルスの感染が拡大しており、消費や生産活動に悪影響が出ることへの警戒が強まっている。12日の香港市場ではハイテク関連銘柄で構成するハンセンテック指数が大幅に下がり、東京市場でもハイテク関連の売りにつながった。

前日の欧州市場ではガスなどエネルギー価格の上昇が株価の重荷となった。日銀が12日発表した6月の企業物価指数は前年同月比で9.2%上昇した。原材料価格が高止まりしているうえ、外国為替市場では円安傾向が続いている。半面、消費者物価の上昇は鈍い。企業収益の下押しにつながるとの懸念も日本株の上値を重くした。

東証株価指数(TOPIX)は4日ぶりに反落した。終値は前日比31.36ポイント(1.64%)安の1883.30だった。東証業種別では33業種のうち機械が下落率トップだった。一方、上昇したのは水産業の1業種だけだった。

東証プライムの売買代金は概算で2兆4593億円。売買高は10億6110万株だった。東証プライムの値下がり銘柄数は1654と、全体の約9割を占めた。値上がりは161、変わらずは23だった。

ソフトバンクグループ東エレクファナックが下落した。TDKエムスリー安川電も売られた。一方、日水関西電花王が上昇した。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン