/

東証大引け 大幅反発 短期的な戻り意識、決算も支え

2日の東京株式市場で日経平均株価は大幅反発し、前週末比497円43銭(1.82%)高の2万7781円02銭で終えた。前週末に大幅に下落した分をほぼ埋めた。自律反発期待の買いに加え、決算を手がかりにした物色も入って相場を押し上げた。上げ幅が500円を超える場面も目立った。

日経平均は前週末に大幅に下落した際、1月に付けた年初来安値(2万7055円)に近づいていた。半面、発表が本格化している2021年4~6月期決算では、新型コロナウイルスの感染拡大前の19年4~6月期の利益水準を上回る企業が多い。株価の値ごろ感が意識され、短期的な戻りを見越して幅広い銘柄に買いが入った。

中国・上海株をはじめとする主要なアジアの株価指数や日本時間2日の米株価指数先物など、海外の株式相場が堅調に推移したのも投資家心理を明るくした。

一方、2日からは国内のコロナ感染の急拡大を受けて緊急事態宣言の対象地域に4府県が追加された。夏休みの帰省・旅行の自粛を求める動きが強まるなか、鉄道株などに売りが出て上値を抑えた。

東証株価指数(TOPIX)は大幅反発し、38.97ポイント(2.05%)高の1940.05で終えた。JPX日経インデックス400も大幅反発した。

東証1部の売買代金は概算で2兆4572億円。売買高は10億6252万株だった。東証1部の値上がり銘柄数は1848と、全体の8割超を占めた。値下がりは301銘柄、変わらずは41銘柄だった。

郵船川崎汽商船三井の海運大手がそろって大幅に上昇した。日本製鉄ガイシ、エプソンも買われた。半面、マツダが大幅安。JR東日本オークマ、日立も売られた。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン