/

東証大引け 3日続落 コロナ変異種に懸念、景気敏感株に売り

22日の東京株式市場で日経平均株価は3日続落し、前日比278円03銭(1.04%)安の2万6436円39銭で終えた。英国などで新型コロナウイルスの変異種の感染が拡大するなか、先行き不透明感から景気敏感株を中心に幅広い銘柄に売りが出た。日本時間22日の米ダウ工業株30種平均の先物相場や主要なアジアの株価指数も軟調に推移するなか、日経平均の下げ幅は350円を超える場面もあった。

市場では新型コロナの変異種が広がり、コロナ禍の収束が遅れかねないとの懸念が出ていた。世界保健機関(WHO)や米政府などは接種が始まったワクチンが変異種にも有効との見解を示しているが、状況を見極めたいとの声も多く聞かれた。クリスマス休暇シーズンとあって商いが低調で、振れ幅が大きくなりやすかった。日経平均は25日移動平均(2万6490円、22日時点)を下回って引けた。

JPX日経インデックス400は続落した。終値は前日比226.81ポイント(1.40%)安の1万5922.86だった。東証株価指数(TOPIX)も続落し、27.93ポイント(1.56%)安の1761.12で終えた。業種別TOPIXは33業種すべてが下落した。海運、鉱業、非鉄などの下げが大きかった。

東証1部の売買代金は概算で2兆319億円。売買高は10億7265万株だった。東証1部の値下がり銘柄数は2018銘柄と約9割を占めた。値上がりは141、変わらずは26銘柄だった。

ソフトバンクグループ(SBG)、楽天、ソニーが下落した。富士フイルム住友鉱郵船も安かった。半面、ファストリ川重住友電などは上昇した。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン