/

東証14時 上げ幅一時400円超に 日銀緩和維持、政策余地を好感の見方も

28日後場中ごろの東京株式市場で日経平均株価は上げ幅を一段と広げ、前日比380円ほど高い2万6700円台後半で推移している。外国為替市場では円売り・ドル買いの動きが一服したものの、主力株には断続的な買いが入っている。日本の連休を前に売り方の買い戻しも入りやすく、相場を押し上げている。上げ幅は400円を超える場面があった。

日銀は大規模な金融緩和策を維持することを決め、長期国債を0.25%の利回りで無制限に買い入れる「指し値オペ(公開市場操作)」を毎営業日行うと声明文に明記した。「日銀が金融緩和政策を維持したことで、日本は財政・金融政策の余地があることが改めて確認できたことをポジティブに受け止めた」(セゾン投信の瀬下哲雄マルチマネージャー運用部長)との指摘があった。

14時現在の東証プライムの売買代金は概算で2兆2024億円、売買高は8億9120万株だった。

午後に決算を発表したジェイテクトは上げ幅を拡大。アドテスト浜ゴムトヨタも一段高。旭化成AGC三菱ケミHDも高い。一方、任天堂日立建機住友大阪が下落。郵船など海運株も売られている。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン