/

東証14時 下げ幅一段と縮め340円安 米金利上昇で金融株に買い

(更新)

18日後場中ごろの東京株式市場で日経平均株価は一段と下げ幅を縮め、前週末比340円ほど安い2万6700円台半ばで推移している。米長期金利が日本時間18日の取引で一段と上昇し、利ざや改善の思惑から、銀行や保険など金融株の一部に買いが入っている。幅広い銘柄に売り方の買い戻しが断続的に入り、14時時点で東証プライムの値下がり銘柄は全体の77%と、前引け時点の約90%から減っている。

もっとも、積極的に上値を追う動きは限られる。市場では「ウクライナに侵攻したロシアで事業の中止・撤退を決めた欧米企業は多い。主要企業の決算発表を前にロシア事業の業績への影響が十分に織り込みきれていないため買いが入りにくい」(丸三証券の丸田知広エクイティ部長)との見方があった。

14時現在の東証プライムの売買代金は概算で1兆3190億円、売買高は5億9009万株だった。

東邦鉛東海カ日揮HDヤマハが下落している。味の素ニチレイも安い。一方、東京海上は上げ幅を広げている。ふくおかFGコンコルディが上昇に転じている。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン