/

東証14時 じり安、2万8300円近辺 「買い材料乏しい」

7日後場中ごろの東京株式市場で日経平均株価はじり安。前日比340円程度安い2万8300円近辺で推移している。先物主導での下落が続くなか、買い戻しの勢いが鈍い。市場からは「薄商いのなか、国内固有の買い材料が少なく押し目買いが入ってこない」(インベストラストの福永博之代表取締役)との指摘があった。新型コロナウイルスの新規感染者数の増加傾向に加えて、「職域接種の申し込みが一時停止となるなど、ワクチン接種の加速にブレーキがかかった状態で、ワクチン期待から上昇していた内需関連の上値を追いかけにくくなった」(福永氏)という。

14時現在の東証1部の売買代金は概算で1兆5714億円、売買高は7億5156万株だった。

アマダ住友重コマツが安い。Jフロントネクソンが下げている。一方、サイバーZHDが高い。塩野義も上げている。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン