東証14時 300円安で小動き 日銀会合見極め - 日本経済新聞
/

東証14時 300円安で小動き 日銀会合見極め

16日後場中ごろの東京株式市場で日経平均株価は安い水準で小幅な値動きとなっている。前週末比300円ほど安い2万5800円台前半で推移している。日銀による金融緩和策の修正をめぐる思惑から一段の円高・ドル安への警戒が強まり、輸出関連株の重荷となっている。市場では「18日の日銀の金融政策決定会合の結果が出るまで買いにくい」(国内投信)との声があった。

日経平均が節目の2万6000円を明確に下回っているため、短期筋を中心に先物売りが出やすくなっている。このところ上昇が目立っていた銀行や鉄鋼株の一角は午後に入り下げ幅を広げた。

14時現在の東証プライムの売買代金は概算で1兆8191億円、売買高は8億1279万株だった。

フジクラレゾナックネクソンりそなHDが安い。一方、エーザイ日本ハムオリックスセコムが高い。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

春割ですべての記事が読み放題
有料会員が2カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません