/

東証14時 3万0600円台で一進一退 根強い先高観で押し目買いも

14日後場中ごろの東京株式市場で日経平均株価は、前日比170円ほど高い3万0600円台前半で一進一退となっている。短期筋などの売りが膨らんで上げ幅を縮める場面もあったが、経済正常化や次期政権による経済対策への期待など根強い先高観を背景とした押し目買いが下支えしている。

市場では「日本株は米株と比べて割安感があり、売り一辺倒にはならない」(JPモルガン・アセット・マネジメントの前川将吾グローバル・マーケット・ストラテジスト)との声もあり、上げ幅が縮む場面は限られている。

14時現在の東証1部の売買代金は概算で2兆2174億円、売買高は9億771万株だった。

村田製TDKが高い。ZHD丸井GKDDIも上昇している。一方、コナミHDディーエヌエは下げ幅を拡大。東電HDやソフトバンクが下落している。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン