/

東証14時 安値圏、米CPI控え様子見

13日後場中ごろの東京株式市場で日経平均株価は前日比140円ほど安い2万6200円台半ばの安値圏で推移している。日本時間夜に発表される9月の米消費者物価指数(CPI)を控え、様子見ムードが広がっている。後場の日経平均の値幅(高値と安値の差)は37円程度にとどまっている。

SBIアセットマネジメントの関邦仁ファンドマネジャーは「米CPIはもっとも注目度の高い指標の1つだが、結果が読めない。後場は結果待ちの雰囲気だ」と話した。

14時現在の東証プライムの売買代金は概算で1兆6472億円、売買高は6億9344万株だった。

日立HOYA三菱商ヤクルトが安い。半面、ホンダヤマハ発デンカは買われている。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません