/

東証14時 240円安 TSMC決算など控え様子見ムード

13日後場中ごろの東京株式市場で日経平均株価はきょうここまでの安値圏でもみ合いの展開。前日比240円ほど安い2万8500円台前半で推移している。小売企業の決算が本格化しているが、決算を受けての株価反応はさえないものが目立ち、市場に警戒感が広がっている。米長期金利の上昇への懸念も強く、グロース(成長)株も安い。

きょうこの後に、台湾積体電路製造(TSMC)の2021年10~12月期決算および設備投資計画が公表される見込み。指数寄与度の高いファストリの21年9~11月期決算も控え、決算関連の重要イベントを前に様子見ムードも漂っている。

14時現在の東証1部の売買代金は概算で1兆8789億円、売買高は8億60万株だった。前日に決算を発表したイオンは昨年来安値を更新。安川電オリンパスオムロンが安い。一方、丸紅三菱マりそなHDは高い。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン