/

東証14時 伸び悩み、高値警戒で利益確定売り

13日後場中ごろの東京株式市場で日経平均株価は伸び悩み、前日比300円ほど高い2万8400円台後半で推移している。足元の急ピッチの相場上昇を受け、2万8500円を上回る水準では高値警戒感が一段と強まり、海外の短期筋などを中心に利益確定売りが出た。

西村康稔経済財政・再生相が同日午後、専門家で構成する基本的対処方針等諮問委員会で、緊急事態宣言の対象に関西の3府県などを追加する案を諮問した。ただ相場には織り込み済みで反応は乏しい。

14時現在の東証1部の売買代金は概算で1兆8518億円、売買高は8億6301万株だった。

コナミHDネクソンバンナムHDが買われた。東エレクアドテストが上昇し、SUMCOトクヤマも高い。一方で東宝が大幅安。大ガス東ガス東電HD関西電が売られている。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン