/

東証14時 高値圏で小動き 「米雇用統計まで上値重い」

3日後場中ごろの東京株式市場で日経平均株価は、前日比60円ほど高い2万9400円台後半と高値圏で小動きとなっている。「5日に発表される2月の米雇用統計の結果を見極めるまでは、米長期金利への警戒感も残り、投資家は積極的に運用リスクをとりにくいのではないか」(みずほ証券の三浦豊シニアテクニカルアナリスト)と、当面の上値の重さを指摘する声が聞かれる。

14時現在の東証1部の売買代金は概算で1兆6525億円、売買高は8億3888万株だった。

神戸鋼JFEが買われている。三井E&S日立造も高い。一方で信越化エムスリーアドテストなど安い。京王や京成も下落している。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン