/

東証14時 小動き 「経済正常化遠のく」の見方、利益確定売り

12日後場中ごろの東京株式市場で日経平均株価は小動き。前週末比10円ほど高い2万8100円台半ばで推移している。12日午前に緊急事態宣言の対象地域を関西3府県(大阪、京都、兵庫)に拡大すると菅義偉首相が表明。経済の正常化が遠のいたとの見方で先行き不透明感が広がり、利益確定売りが出ている。一方で、相場上昇に出遅れた割安株などには依然として物色が入り、方向感の乏しい展開となっている。

日本時間12日午後の米シカゴ・マーカンタイル取引所(CME)で、米ダウ工業株30種平均の先物で流動性が高い「Eミニ・ダウ工業株30種平均先物」の2021年3月物が下落に転じたことも重荷となっている。

14時現在の東証1部の売買代金は概算で2兆847億円、売買高は9億7751万株だった。

コマツジェイテクト日製鋼IHIなど機械株が安い。NTTも売られている。一方、東電HDが上げ幅を拡大。中外薬武田エーザイなど医薬株が高い。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン