/

東証14時 210円安 不透明感強く、買いの手鈍い

22日後場中ごろの東京株式市場で日経平均株価はきょうここまでの安値圏である前日比210円ほど安い2万6500円近辺で推移している。新型コロナウイルスの変異種の感染拡大への警戒感が引き続き重荷となっている。

世界保健機関(WHO)などは従来のワクチンが変異種にも有効との見解を示している。ただ、市場では「依然としてわからないことも多い。ロックダウン(都市封鎖)などによる経済活動への悪影響も含め、状況を見極めたいとの向きが多そうだ」(みずほ証券の倉持靖彦マーケットストラテジスト)との声もある。先行き不透明感から買いの手は鈍い。

14時現在の東証1部の売買代金は概算で1兆2808億円、売買高は6億9989万株。クリスマス休暇シーズンということもあり、商いは低調だ。

富士フイルム住友鉱国際石開帝石が下落。郵船、楽天、ソニーも安い。半面、川重住友電キッコマンなどが高い。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン