/

東証14時 上げ幅縮小 高値警戒の利益確定売りは重荷

21日後場中ごろの東京株式市場で日経平均株価はやや上げ幅を縮小し、前日比220円ほど高い2万8700円台半ばで推移している。米株高などを背景に景気敏感株をはじめ幅広い銘柄に買いが入る一方、心理的な節目の2万9000円が再び視野に入って高値警戒感も強く、レーザーテクなど過熱感のある銘柄に利益確定売りが出ている。

14時現在の東証1部の売買代金は概算で1兆7476億円、売買高は8億1993万株だった。

三菱ケミHDやGSユアサ、日通ヤマトHDが上昇。TDK太陽誘電エムスリーZHDも高い。川重日立造が売られ、AGC板硝子も安い。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン