/

東証後場寄り 下げに転じ100円安 米株先物が下落、アジア株も軟調

8日後場寄り付きの東京株式市場で日経平均株価は下げに転じている。前週末比100円程度安い2万8700円台半ばで推移している。午前の取引時間中は強含んでいた米ダウ工業株30種平均の先物相場が軟調になっており、市場でリスクを回避する姿勢が優勢になっている。上海総合指数や香港ハンセン指数なども1%超下落しており、投資家心理を冷やしている。

一方で「鉄鋼など景気に敏感な業種は引き続き物色されており、日本は世界経済の回復の蚊帳の外に置かれているわけではない」(伊藤高志・野村証券エクイティ・マーケット・ストラテジスト)との見方も市場では聞かれる。

前引け後の東証の立会外で、国内外の大口投資家が複数の銘柄をまとめて売買する「バスケット取引」は約327億円成立した。

12時45分現在の東証1部の売買代金は概算で1兆6684億円、売買高は9億755万株だった。

サイバーが安い。NEC富士通が下落。ファストリソフトバンクグループも下げている。一方、キヤノンが上昇。Jフロントも高い。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン