/

東証後場寄り 下げ幅縮小 日銀のETF買い観測支え

14日後場寄り付きの東京株式市場で日経平均株価は下げ幅を縮小し、前営業日比600円程度安い2万7100円近辺で推移している。心理的な節目の2万7000円を割った水準では、押し目買いや売り方の買い戻しが入ってやや値を戻している。

東証株価指数(TOPIX)は午前に前営業日比2.02%下げており、日銀による上場投資信託(ETF)買い観測も相場の下支え要因となっているようだ。

前引け後の東証の立会外で、国内外の大口投資家が複数の銘柄をまとめて売買する「バスケット取引」は約240億円成立した。

12時45分現在の東証1部の売買代金は概算で1兆8375億円、売買高は7億9710万株だった。

村田製スクリンアドテストが安い。半面、鹿島菱地所が上昇している。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン