/

東証前引け 続伸、64円高 半導体関連や海運に買い

(更新)

19日午前の東京株式市場で日経平均株価は続伸した。午前終値は前週末比64円73銭(0.22%)高の2万9748円10銭だった。短期筋による日経平均先物への買いが指数を押し上げた。半導体関連銘柄や外需回復の恩恵を受けやすい海運株なども上昇した。もっとも、新型コロナウイルスの国内感染者数が増えており、積極的に上値を追う動きは限られた。

米株価指数先物が日本時間19日午前の時間外取引で下落すると日経平均も下げに転じ、前週末からの下げ幅は100円を超える場面もあった。16日に開かれた日米首脳会談後の共同文書に「台湾」が明記され、日米と中国の経済関係が悪化することへの懸念も相場の重荷になった。ファストリ良品計画イオンなどに中国ビジネスの不透明感を嫌った売りが出た。

もっとも、米株価指数先物が下げ渋ったことで日経平均は上昇に転じた。「欧米に比べ新型コロナワクチンの接種が遅れており、新規感染者が増加傾向にあるなかで日本株は買いにくい」(みずほ証券の倉持靖彦マーケットストラテジスト)との指摘があった。業種別では空運や鉄道の下げが大きかった。

JPX日経インデックス400と東証株価指数(TOPIX)はともに続伸した。

前引け時点の東証1部の売買代金は概算で9435億円、売買高は4億3029万株だった。東証1部の値上がり銘柄数は1207と、全体の5割強を占めた。値下がりは853、変わらずは127銘柄だった。

東エレク信越化アドテストが上昇。ダイキンも買われた。一方、NTTデータが下落した。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン