/

東証前引け 続落、3万円下回る 利益確定売り優勢

19日午前の東京株式市場で日経平均株価は続落し、前日比288円67銭(0.95%)安の2万9947円42銭で終えた。取引時間中として4日ぶりに3万円を下回った。週前半2日間で947円(3.2%)ほど上昇するなど最近の上昇スピードが速かっただけに、短期的な過熱感が意識され、値がさ株を中心に売りが出た。週末接近で、目先の利益確定目的や持ち高整理の売りも出やすかった。下げ幅は一時300円を超えた。

朝方から売りが先行した。18日の米株式市場で米ダウ工業株30種平均は反落した。米長期金利の高止まりを受けて、アップルをはじめハイテク株中心に利益確定売りが出た。米株安で投資家心理が下向き、東京市場でも売りが優勢だった。

香港や中国、韓国、台湾などアジア市場の株安も重荷となり、午前は3万円の大台を下回って終えた。もっとも、下げは健全なスピード調整の範囲との見方が多い。25日移動平均の2万8900円程度までの下落を見込む声もある。

前場の東証株価指数(TOPIX)の騰落率は前日比0.76%安だった。18日前場は前の日比0.54%安で、市場が日銀の指数連動型上場投資信託(ETF)買い入れ発動の目安とみる「0.5%以上の下げ」となったが、日銀はETFを購入しなかった。きょうの買い入れについて市場の見方は二分しており、動向が注目される。

JPX日経インデックス400と東証株価指数(TOPIX)はいずれも続落した。

前引け時点の東証1部の売買代金は概算で1兆2132億円、売買高は6億1128万株だった。東証1部の値下がり銘柄数は1644と全体の75%を占めた。値上がりは468、変わらずは78だった。

シャープや国際石開帝石が売られた。川重三菱自三井E&Sなどの輸送用機器の一角が安かったほか、IHI日揮HDが売られた。太平洋セメ日産化が高い。太陽誘電日立造アドテストが買われた。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン