/

東証前引け 反落、半導体関連に売り セブン&アイ上昇

28日午前の東京株式市場で日経平均株価は反落し、前週末比81円25銭(0.28%)安の2万8984円93銭で終えた。朝高後は戻り待ちや利益確定の売りに押され、下落に転じた。値がさの半導体関連株の一角が売られ、相場の重荷となった。

前週末の米株式市場ではハイテク株比率の高いナスダック総合株価指数や主要な半導体関連銘柄で構成するフィラデルフィア半導体株指数(SOX)がともに下げた。東京市場では東エレクアドテストといった銘柄に売りが出た。

新型コロナウイルスの新規感染者数が足元で増えつつある。「市場に悲観ムードは広がっていないが、積極的に買いを入れるだけの材料が不足している」(三井住友DSアセットマネジメントの市川雅浩チーフマーケットストラテジスト)との見方があった。日経平均は75日移動平均(2万9072円)が上値抵抗として意識されており、主力銘柄には利益確定の売りも出やすかった。

一方で下値も限られた。2%超上がったファストリが指数を支えた。鉄鋼や海運といった景気敏感業種への買いも底堅さにつながった。

東証株価指数(TOPIX)は小幅に反落し、前週末比0.04%安かった。JPX日経インデックス400も反落した。

前引け時点の東証1部の売買代金は概算で9518億円、売買高は4億2833万株だった。東証1部の値下がり銘柄数は791、値上がりは1274、変わらずは125だった。

コナミHDネクソンが下落した。INPEXエーザイJフロントも安かった。一方、セブン&アイは上昇した。日本製鉄日立造日産自も買われた。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン