/

東証前引け 小反発 米金融緩和の長期化観測支え

18日午前の東京株式市場で日経平均株価は小反発し、前日比52円78銭(0.17%)高の3万0344円97銭で終えた。値がさ株のファストリが大幅高で約150円分押し上げたのが大きかった。米金融緩和の長期化観測も投資家心理の一定の支えになった。上げ幅は一時260円を超えたが、高値警戒感からの売りは活発で下げに転じる場面もあった。

米連邦準備理事会(FRB)が17日に公表した1月26~27日開催の米連邦公開市場委員会(FOMC)の議事要旨では、当面の緩和的な金融政策の継続方針が確認できたとの受け止めが広がった。ダウ工業株30種平均は連日で過去最高値を更新し、東京市場でも相場の支えになった。

しかし日経平均は下げる場面も目立つなど、値動きは荒く方向感は乏しかった。3万円の大台を30年半ぶりに回復してきたうえ、200日移動平均からの上方乖離(かいり)率が25%程度まで高まり、過熱感は依然として意識されやすい。海外勢が短期筋を中心に買いを入れる一方で、国内勢の多くは利益確定売りに動いた。約1年ぶりの高水準にある米長期金利を警戒し、ハイテク株の一角に売りが出たのも重荷となった。

JPX日経インデックス400と東証株価指数(TOPIX)はいずれも続落した。

前引け時点の東証1部の売買代金は概算で1兆4828億円、売買高は8億7920万株だった。東証1部の値上がり銘柄数は630と、全体の3割弱にとどまった。値下がりは1470、変わらずは94銘柄だった。

大日本住友中外薬が上昇し、ANAHDJALも買われた。テルモオリンパスも高い。一方で日産自マツダ三菱自などが大幅安。アドテストSUMCO日本製鉄JFEも下落した。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン