/

東証前引け 反落 米緩和縮小を意識、景気敏感株が安い

27日午前の東京株式市場で日経平均株価は反落し、前引けは前日比90円78銭(0.33%)安の2万7651円51銭だった。米連邦準備理事会(FRB)による早期のテーパリング(量的金融緩和の縮小)観測などを受けて、前日は米株式相場の上昇が一服。東京市場でも景気敏感株を中心に売りが出た。

米カンザスシティー連銀のジョージ総裁らが26日に緩和縮小に前向きととれる発言をしたため、FRBがテーパリングを前倒しするとの警戒感が強まった。アフガニスタンの首都カブールの国際空港の周辺で自爆テロが発生したのも、地政学リスクを意識させ投資家心理を下向かせた。

日経平均の下げ幅は一時260円まで拡大したが、その後は中国・上海株などアジア株が堅調に推移したこともあって下げ渋った。日本時間の今晩には米カンザスシティー連銀主催の経済シンポジウム(ジャクソンホール会議)でパウエルFRB議長が講演する。「重要イベントを控えて投資家は持ち高を一方向に傾けにくい」(インベストラストの福永博之代表取締役)との指摘があった。

JPX日経インデックス400は反落、東証株価指数(TOPIX)は続落した。

前引け時点の東証1部の売買代金は概算で1兆558億円、売買高は4億3444万株だった。東証1部の値下がり銘柄数は1231、値上がりは807、変わらずは146だった。

サッポロHDアサヒが安い。出光興産ENEOSも売られた。半面、郵船など海運大手がそろって大幅高。日野自いすゞも上昇した。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン