/

東証前引け 続伸し98円高 景気敏感に買い、戻り売りで伸び悩み

27日午前の東京株式市場で日経平均株価は続伸し、前日比98円79銭(0.35%)高の2万7932円08銭で終えた。26日の米株市場で主要3指数が最高値を更新したのを受け、日本株にも買いが入った。調整が続いていた非鉄金属や鉄鋼など景気敏感業種の一角が買われ、上げ幅は一時200円を超えた。

ただ、日経平均は節目の2万8000円前後で戻り売りにおされ伸び悩んだ。ソフトバンクグループが連日で年初来安値を更新したのに加え、楽天グループが大幅安となったのも市場心理を冷やす要因となった。

米国では27日に市場参加者の関心が高いアルファベット、アップル、マイクロソフトなど大手IT(情報技術)企業の決算発表を控える。27~28日には米連邦公開市場委員会(FOMC)が予定されており、積極的な売買は手控えられた。

JPX日経インデックス400とTOPIXはいずれも続伸した。

前引け時点の東証1部の売買代金は概算で9587億円、売買高は4億5422万株だった。東証1部の値上がり銘柄数は1344、値下がりは715、変わらずは125銘柄だった。

リクルートダイキンTDKアドテスト京セラが高い。半面、エーザイ日東電エムスリー中外薬が安い。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン