/

東証前引け 反発 値がさの半導体株が上昇

17日午前の東京株式市場で日経平均株価は反発し、前引けは前週末比194円26銭(0.69%)高の2万8318円54銭だった。最近の株価調整が急ピッチで進んだ反動で自律反発狙いの買いが優勢だった。上げ幅は一時300円を超えたが、売り方の買い戻しの面が大きく、買い一巡後は利益確定や戻り待ちの売りに押された。

日経平均は前週末14日までの2営業日で600円超下落しており、14日には日銀が約3カ月ぶりに株価指数連動型上場投資信託(ETF)を買い入れていた。下げすぎとの見方が一部で強まっていたうえ、2万8000円近辺まで下げると値ごろ感が意識されてくるとの指摘もあり、主力銘柄に押し目買いが先行した。

前週末に主要な半導体関連株で構成する米フィラデルフィア半導体株指数が大幅に反発した流れを引き継いで、東エレクアドテストなど日経平均寄与度の大きい値がさの半導体株が上昇。外国為替市場で1ドル=114円台半ばまで円安・ドル高が進み、輸出採算の改善期待で輸出関連株も堅調に推移した。

もっとも、新型コロナウイルスの国内での新規感染者の急増など不安材料もあり、積極的に上値を追いにくかった。午前は中国で統計の発表が相次ぎ、2021年10~12月期の国内総生産(GDP)が市場予想を上回る一方、21年12月の小売売上高は市場予想を下回った。中国の統計発表後に日経平均はやや伸び悩んだ。

JPX日経インデックス400と東証株価指数(TOPIX)は反発した。

前引け時点の東証1部の売買代金は概算で1兆2980億円、売買高は5億4688万株だった。東証1部の値上がり銘柄数は991で全体の5割に届かなかった。値下がりは1073、変わらずは119銘柄だった。

清水建大成建など建設株の上昇が目立った。INPEXブリヂストン横浜ゴムも買われた。半面、日立や川崎汽資生堂が売られた。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン