/

東証前引け 小幅続伸 FOMC控え様子見、半導体株など高い

17日午前の東京株式市場で日経平均株価は小幅に続伸した。前日比25円12銭(0.08%)高の2万9946円21銭で終えた。米連邦公開市場委員会(FOMC)と日銀の金融政策決定会合という重要イベントを控えた様子見ムードが強く、前場を通して指数は小幅な動きにとどまった。

日経平均は前日までに6日続伸して1200円近く上昇し節目の3万円に接近していたこともあり、朝方は下落して始まった。程なく上昇に転じたが、日米の中銀会合を控えて持ち高を傾けにくく、2万9900円台での小動きが続いた。

市場では「上昇局面で先行して上げてきた半導体株やハイテク関連株に資金が戻り始めており、相場つきは悪くない。ただ、新規の買い材料に乏しいうえ、国内の期末が近づき上値を追う感じは薄い」(内藤証券の田部井美彦リサーチ・ヘッド&チーフ・ストラテジスト)との声があった。

前引け時点の東証1部の売買代金は概算で1兆2420億円、売買高は6億4122万株と商いは閑散。JPX日経インデックス400と東証株価指数(TOPIX)はいずれも小幅に反落した。東証1部の値上がり銘柄数は960。値下がりは1103銘柄、変わらずは132銘柄だった。

東エレクアドテスト信越化など半導体関連株が上昇。オムロンTDK日東電も高かった。半面、日本製鉄鹿島ANAHDが安かった。柏崎刈羽原子力発電所(新潟県)の監視装置が故障していたと伝わった東電HDは9%安で前場を終えた。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン