/

東証前引け 小幅反発、経済再開期待が支え 半導体関連は下押し

26日午前の東京株式市場で日経平均株価は小幅に反発し、前日比7円91銭(0.03%)高の2万6685円71銭で終えた。前日の米株高を背景に投資家心理が改善し、主力銘柄に買いが入った。上げ幅が一時200円を超えたものの、値がさの半導体関連銘柄が売られたことで日経平均は下落に転じる場面があった。

25日公表の5月開催の米連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨は市場が想定した内容にとどまったと受け止められた。同日の米株式市場では割安感や値ごろ感が出たとみられた銘柄に買いが入った。東京市場でもこの流れを引き継ぎ、幅広い銘柄の買いにつながった。経済活動の再開に向けた動きも引き続き支えとなり、不動産や鉄道、小売りといった内需関連の一部が買われた。

2万7000円に近づくと、上値の重さが意識されやすい。4月以降の日経平均の価格帯別売買高では、2万6500~2万7000円が多くなっている。「主力銘柄が上昇する場面では戻り待ちの売りが出やすく、指数の上値を抑える要因になっている」(国内証券)との見方があった。

25日に米半導体大手のエヌビディアが発表した5~7月期の売上高見通しが市場予想に届かなかった。エヌビディア株が同日夕の時間外取引で大幅に下落し、東京市場でも値がさの半導体関連銘柄の一部の売りにつながった。東エレクアドテストの2銘柄で指数を69円ほど押し下げた。

東証株価指数(TOPIX)は反発した。午前終値は前日比6.08ポイント(0.32%)高の1882.66だった。

前引け時点の東証プライムの売買代金は概算で1兆3869億円、売買高は5億5008万株だった。東証プライムの値上がり銘柄数は1369と、全体の約7割を占めた。値下がりは421、変わらずは47だった。

ファストリソフトバンクグループが上昇。三井不JフロントSUBARUが買われた。京王川崎汽ANAHDの上げも目立った。一方、ディーエヌエ三菱電三井金が下落した。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン