/

東証前引け 大幅反落し561円安、TOPIXは2%安

25日午前の東京株式市場で日経平均株価は大幅に反落し、前日末比561円14銭(2.03%)安の2万7027円23銭で終えた。米金融政策の正常化に対する警戒やウクライナ情勢を巡る緊張感の高まりで、リスク資産を減らす動きが出て幅広い銘柄に売りが広がった。日経平均は昨年来安値(2万7013円)を下回る場面もあった。

25日から始まる米連邦公開市場委員会(FOMC)で、米連邦準備理事会(FRB)が金融政策の早期正常化に積極的な姿勢を示すとの警戒感が根強い。ウクライナ情勢が一段と緊迫していることも売りの材料として意識された。アジア株式相場や日本時間25日の米株価指数先物の軟調さを受けて、日本株相場は徐々に下げ幅を広げた。

24日の米株式市場ではダウ工業株30種平均が一時1115ドル下落した。取引終了にかけて上昇したものの、市場では「25日の米株相場も不安定な動きになるという警戒感は強く、投資家は日本株に押し目買いを入れにくい」(国内証券)との声が聞かれた。

東証株価指数(TOPIX)は反落し、午前終値は前日に比べて39.10ポイント(2.03%)安の1890.77だった。JPX日経インデックス400も反落した。

前引け時点の東証1部の売買代金は概算で1兆5021億円、売買高は6億1550万株だった。東証1部の値下がり銘柄数は1989と、全体の約9割を占めた。値上がりは144、変わらずは49銘柄だった。

楽天グループリクルートの下げが目立った。GSユアサや日製鋼商船三井も下落した。一方、KDDIキヤノン明治HD日野自が上昇した。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン