/

東証前引け 続伸、景気回復の期待で 海運や鉄鋼に買い

(更新)

15日午前の東京株式市場で日経平均株価は続伸し、前引けは前週末比97円79銭(0.33%)高の2万9815円62銭だった。米国の追加経済対策や新型コロナウイルスのワクチン接種の普及による景気回復期待で、業績が景気変動の影響を受けやすい銘柄に買いが入った。ただ米長期金利の上昇で株価指標面で割高な銘柄が売られて相場の重荷だった。

前週末の米株式市場では景気敏感株に買いが集まり、ダウ工業株30種平均は連日で過去最高値を付けた。米国市場の流れを引き継ぎ、海運や鉄鋼、非鉄金属など景気敏感業種への買いが優勢だった。米長期金利が高止まりするなか、銀行株に運用環境の改善を期待した買いが入り相場の支えになった。

朝方に一時下げに転じる場面があった。米金利の上昇でPBR(株価純資産倍率)が高い成長期待の高い銘柄には売りが目立った。前週末のフィラデルフィア半導体株指数の下落を受け、東エレクなど半導体関連株に売りが出た。もっとも下値では押し目買いが入り、日経平均の上げ幅は一時100円を超えた。

中国国家統計局が15日発表した1~2月の工業生産高は前年同期比35.1%増と、ダウ・ジョーンズ通信がまとめた市場予想(30.5%増)を上回ったが、中国景気が製造業を中心に好調との期待は高かったため現時点で相場への影響は限られている。

JPX日経インデックス400と東証株価指数(TOPIX)は上昇した。

前引け時点の東証1部の売買代金は概算で1兆4715億円、売買高は8億1728万株だった。東証1部の値上がり銘柄数は1608、値下がりは503、変わらずは81だった。

楽天や郵船ホンダが上昇した。三菱UFJANAHDSUBARUが買われた。一方、ソフトバンクグループ(SBG)やスクリン太陽誘電は下落した。オムロン富士通ダイキンが売られた。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン