/

東証前引け 続伸、一時370円高 下値堅く買い安心感

(更新)
訂正5日12時に公開した「東証前引け 続伸、一時370円高 下値堅く買い安心感」の記事中、「コナミHD」とあったのは「コナミG」の誤りでした。当該記事は修正済みです。

5日午前の東京株式市場で日経平均株価は続伸し、前日比215円43銭(0.82%)高の2万6369円24銭で終えた。日本時間5日の米株価指数先物の上昇を受け、主力株の一角に買いが入った。上げ幅は一時370円を超えた。買い一巡後は5日移動平均(2万6467円)が意識され、上げ幅を縮めた。

日経平均への寄与度が高いファストリソフトバンクグループ東エレクがそろって上げた。東証株価指数(TOPIX、0.40%高)に比べた日経平均の堅調さが目立つ展開だった。

外国為替市場で円相場が1ドル=136円台前半まで弱含んだことも輸出企業の収益押し上げ観測につながり、相場の支援材料だった。米ブルームバーグ通信は「バイデン米大統領は早ければ週内にも、中国の消費財に対する関税の一部適用除外を発表する可能性がある」と伝えた。「米国の物価高抑制にどの程度つながるかは不透明」(大手証券)との声があり、材料視する向きは現時点では限られている。

日経平均は前週末に2万6000円を割り込んだが、長続きしなかった。市場では「下値の堅さが確認され、買い安心感が広がっている」(東洋証券の松川洋晃投資情報部長)との声があった。

JPX日経インデックス400とTOPIXはいずれも上昇した。

前引け時点の東証プライムの売買代金は概算で1兆1920億円、売買高は5億1716万株だった。東証プライムの値上がり銘柄数は1019、値下がりは722、変わらずは97銘柄だった。

傘下のインターネット銀行の上場申請を発表した楽天グループが上昇。バンナムHDは上場来高値を更新。エムスリーKDDIダイキンが上げた。一方、コナミG、富士フイルムネクソン住友不が安い。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン