/

東証前引け 続伸し150円高 半導体関連に買い

(更新)

4日午前の東京株式市場で日経平均株価は続伸した。前引けは前日比150円78銭(0.54%)高の2万7892円68銭だった。前日の米株式市場で主要3指数がそろって上昇したのを受け、買いが優勢だった。朝方には節目の2万8000円を上回る場面もあった。上値では利益確定目的の売りや戻り待ちの売りも出やすく、次第に伸び悩んだ。

3日発表の米国の景況感を示す指数が市場予想に反して上昇したのを受け、米景気の後退懸念が和らいだ。同日の米市場ではハイテク株比率の高いナスダック総合株価指数や主要な半導体銘柄で構成する米フィラデルフィア半導体株指数(SOX)が大きく上昇しており、東京市場では半導体関連銘柄への買いが目立った。外国為替市場での円安・ドル高も日本株相場の支えとなった。

上値では利益確定売りなどが出やすかった。市場では「7月の米連邦公開市場委員会(FOMC)以降、米連邦準備理事会(FRB)が(金融緩和に積極的な)ハト派に転じるとの見方が株価の一定の支えとなっていた。このところFRB高官から利上げを当面続けるという発言が相次いだことは、上値を抑制する要因となっている」(野村証券の神谷和男投資情報部ストラテジスト)との見方があった。

東証株価指数(TOPIX)は小幅反落した。午前終値は前日比1.45ポイント(0.08%)安の1929.32だった。

前引け時点の東証プライムの売買代金は概算で1兆5148億円、売買高は6億5214万株だった。東証プライムの値上がり銘柄数は836と、全体の46%にとどまった。値下がりは907銘柄、変わらずは93銘柄だった。

ソフトバンクグループ(SBG)やリクルートが上昇した。カシオSUBARUも買われた。一方、ZHDは大幅安。太陽誘電オリックスも下げた。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン