/

東証前引け 続伸 ワクチン期待で買い先行、上値は重く

24日午前の東京株式市場で日経平均株価は続伸し、前日比140円93銭(0.53%)高の2万6665円72銭で終えた。新型コロナウイルスのワクチン普及や英国と欧州連合(EU)の貿易交渉に対する期待から買いが優勢だった。景気敏感株を中心に物色が広がり、上げ幅は朝方に240円に迫った。

米製薬大手ファイザーが23日、新型コロナのワクチンを米政府に追加供給することで合意したと発表。ワクチンの普及に弾みがついて経済活動の正常化が近づくとの期待から、投資家が運用リスクをとる動きが強まった。

英国がEUとの貿易交渉で合意に近づいているとの観測も相場の支えとなった。日本時間24日夕にも結果が公表される見通しと伝わり、EU加盟国と同等の扱いを受けられる「移行期間」が終了する年明けの混乱への懸念が後退した。

ただ日経平均は2万6700円を上回る水準では利益確定売りも目立った。年初来高値(2万6817円)が接近するに伴って高値警戒感が意識されたほか、国内外の新型コロナの感染状況の悪化も重荷で、積極的に上値を追うムードが生まれにくかった。

JPX日経インデックス400と東証株価指数(TOPIX)も続伸した。

前引け時点の東証1部の売買代金は概算で8574億円、売買高は4億7368万株だった。東証1部の値上がり銘柄数は1556と、全体の約7割を占めた。値下がりは522銘柄、変わらずは106銘柄だった。

川重IHI三菱マ日軽金HDが買われたほか、日本製鉄JFE三菱自マツダが上昇した。原油高を受け国際石開帝石石油資源も上げた。半面、ソフトバンクグループ(SBG)が下落。クラレバンナムHDも下げた。アドテスト東エレクなどハイテク株も軟調だった。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン