/

東証前引け 小反落、過熱感で利益確定売り 下値では押し目買いも

12日午前の東京株式市場で日経平均株価は小反落し、前営業日比83円57銭(0.28%)安の2万9479円36銭で終えた。企業業績予想の上方修正などを手掛かりに朝方は買いが先行したが、最近のピッチの速い相場上昇の反動もあって、買い一巡後は利益確定売りが優勢となった。

日経平均は直近の4営業日で1200円超上昇していた。米追加経済対策などへの期待を背景に3万円の大台も目前となり、短期的な過熱感が意識され売りが出やすくなっている。「米経済対策が最終的にどれくらいの規模で決着するのか、見極めたい投資家も増えているようだ」(国内運用会社)との指摘もある。

下げ幅は一時150円に迫ったが、その後は押し目買いも入った。国内では来週にもコロナワクチン接種が始まり、次第に経済活動が再開するとの期待がある。中長期的に株式相場の上昇基調は続くとの見方は根強く、下げた局面で買いを入れようとする投資家は多い。

きょう算出を迎えた株価指数オプションとミニ日経平均先物2月物の特別清算指数(SQ)値は、QUICK試算で2万9718円77銭だった。日経平均はSQ値を下回る推移が続いた。

JPX日経インデックス400と東証株価指数(TOPIX)は小幅続伸した。

前引け時点の東証1部の売買代金は概算で1兆6291億円、売買高は7億937万株だった。東証1部の値下がり銘柄数は1041、値上がり銘柄数も1041と同数だった。変わらずは109銘柄。

郵船川崎汽商船三井が大幅安。安川電ファナックホンダマツダが安い。ソニーオムロンも売られている。半面、東エレクアドテストスクリンが上昇。リコーコニカミノル日本製鉄JFEも高い。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン