/

東証前引け 続落 一時220円超安 コロナ変異を警戒

21日午前の東京株式市場で日経平均株価は続落し、前週末比159円79銭(0.60%)安の2万6603円60銭で前場を終えた。下げ幅は一時220円を超え、取引時間中としては9日以来の安値を付けた。世界的に新型コロナウイルスの感染が深刻化し、英国では新型コロナの変異種による感染が拡大。ロンドンは3度目となるロックダウン(都市封鎖)に踏み切った。実体経済の悪影響への警戒が重荷となった。

市場では「万が一、変異した新型コロナにこれまで開発してきたワクチンが効果がないとすれば、ワクチンによる経済正常化期待がしぼむだろう」(国内証券の情報担当者)との声があった。コロナ感染拡大を受け、「アマゾン・ドット・コムが一部倉庫を閉鎖した」と伝わったことも重荷となった。

取引開始直後に日経平均は上昇し、2万6905円と取引時間中の今年の高値を付ける場面があった。米議会の与野党指導部が20日、9000億ドル(約93兆円)規模の追加経済対策を最終合意し、米景気回復期待が支えとなった。

JPX日経インデックス400と東証株価指数(TOPIX)は反落した。

前引け時点の東証1部の売買代金は概算で1兆180億円、売買高は5億4953万株だった。東証1部の値下がり銘柄数は1482と、全体の約7割を占めた。値上がりは600、変わらずは102銘柄だった。

ファストリファナックネクソンオムロン京セラが下げた。一方、ソフトバンクG、ダイキン中外薬セコムオリンパスが上げた。

きょう東証1部に上場したポピンズは公開価格(2850円)を6%下回る2679円の初値を付けた。その後はやや買いが優勢で、2811円で午前の取引を終えた。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン