/

東証前引け 反発し312円高 米株高支え、円高で伸び悩み

(更新)

1日午前の東京株式市場で日経平均株価は反発し、前日比312円05銭(1.12%)高の2万8281円04銭で前場を終えた。前日の米株式市場で主要株価指数が上昇した流れを受け、東京市場でも買いが優勢となった。日本株は前日まで下落が続いたため、主力銘柄を中心に見直し買いも入りやすかった。

米連邦準備理事会(FRB)のパウエル議長が前日の講演で12月にも利上げ幅を縮めると発言し、米利上げペースの減速が意識された。米長期金利の低下を背景にグロース(成長)株に買いが入り、寄り付き直後に日経平均の上げ幅は400円を超えた。

もっとも、買い一巡後は伸び悩んだ。外国為替市場で1ドル=136円台まで円高・ドル安が進み、輸出関連を中心に相場全体の重荷となった。日経平均が心理的な節目の2万8500円に近づくと、利益確定売りも出やすかった。

東証株価指数(TOPIX)は反発した。前引け時点の東証プライムの売買代金は概算で1兆7373億円、売買高は6億7447万株だった。東証プライムの値上がり銘柄数は691と、全体の約4割にとどまった。値下がりは1059、変わらずは86銘柄だった。

日経平均への寄与度が大きい値がさのソフトバンクグループ(SBG)や東エレクが買われた。一方、トヨタ任天堂はさえなかった。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません