/

東証前引け 反落、米ハイテク株安を警戒 円安の支え限定的

20日午前の東京株式市場で日経平均株価は反落し、前日比303円23銭(1.11%)安の2万6954円15銭で終えた。米長期金利の上昇を嫌気し、19日の米株式相場が下落した。米株安を受け、短期筋が株価指数先物に売りを出した。日本時間20日の米株価指数先物も下落しており、同日の米株式相場が続落するとの見方も投資家心理の重荷となった。

米長期金利の上昇基調が続いており、米国のハイテク株安への警戒が根強い。日本時間20日の取引で、主要なハイテク株で構成する米ナスダック100株価指数の先物「Eミニ・ナスダック100」の下落率が1%を超えている。日経平均は前日に上値抵抗のメドとなるテクニカル上の200日移動平均を上回っていたため、戻り売りが出やすかった。

外国為替市場では円相場が1ドル=149円90銭台まで下落。輸出企業の収益押し上げ期待を誘う材料だが、円安・ドル高による支えは限定的だった。市場では、「実際に利益見通しの上振れにつながるか今後本格化する企業決算を見極めたい」(大手証券)との声があり、ホンダ信越化は下げた。

東証株価指数(TOPIX)も下落したが、0.63%安と日経平均に比べ下落率は小さかった。

前引け時点の東証プライムの売買代金は概算で1兆1390億円、売買高は4億7266万株だった。東証プライムの値下がり銘柄数は1319、値上がりは409、変わらずは108銘柄だった。

ファストリ東エレクなど値がさ株が軒並み安い。エムスリーオリンパスも下げた。一方、今期の最終損益が赤字見通しになると発表した日清粉Gが大幅高。米国の原油先物相場の上昇で、INPEXも上げた。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません