/

東証前引け 反発、214円高 自律反発期待の買い、米株高も支え

30日午前の東京株式市場で日経平均株価は反発し、前日比214円99銭(0.76%)高の2万8498円91銭で終えた。前日までの2営業日で1200円あまり下げた後とあって、自律反発を狙った買いが幅広い銘柄に入った。前日の米株式市場で主要3指数がそろって反発したことも日本株の買いにつながった。日経平均の上げ幅は一時400円を超えた。

29日の米株式市場では主要な半導体関連銘柄で構成するフィラデルフィア半導体株指数(SOX)が4%高となった。この流れを受け、東京市場でも値がさの半導体関連銘柄に買いが入った。

米連邦準備理事会(FRB)のパウエル議長が30日に予定する議会証言の冒頭部分が日本時間30日早朝(米国時間29日夕)に公表された。新型コロナウイルスの変異型「オミクロン型」の出現で「雇用や経済活動の下振れリスクとなり、インフレの不確実性を高める」と指摘した。

野村アセットマネジメントの石黒英之シニア・ストラテジストは「市場ではFRBによる早期利上げの観測が後退している。さらに製薬業界がオミクロン型への対応に動いており、リスク資産である株の買い安心感につながっている」とみていた。半面、自動車株の一角が売られた。コロナ感染の拡大が再び供給網の混乱につながるとの懸念が重荷となった。

JPX日経インデックス400と東証株価指数(TOPIX)はいずれも反発した。

前引け時点の東証1部の売買代金は概算で1兆3788億円、売買高は6億2116万株だった。東証1部の値上がり銘柄数は1795と、全体の8割強を占めた。値下がりは330、変わらずは59だった。

東エレクTDKが上昇した。日本取引所リクルートが買われ、小田急JR東日本も高かった。一方、三菱自日産自が下落した。エムスリーキッコマンも売られた。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン