/

東証前引け 反落 一時600円安 緊急事態宣言に警戒

20日午前の東京株式市場で日経平均株価は大幅反落し、前日比534円66銭(1.80%)安の2万9150円71銭で終えた。下げ幅は600円を超える場面もあった。国内で新型コロナウイルスの感染拡大が続き、一部の自治体で緊急事態宣言の発令を政府に要請する動きが出ている。経済活動の制限がより強化されるとの警戒が広がった。

大阪府がきょうにも緊急事態宣言の発令を政府に要請する見通し。東京都なども宣言の発令要請の検討に入ったと伝わる。市場では「日本は他の先進国に比べてコロナワクチンの普及が遅れている。そのうえ緊急事態宣言の要請を検討するという状況で、海外投資家が日本株を売っているようだ」(国内証券ストラテジスト)との見方があった。

JPX日経インデックス400と東証株価指数(TOPIX)はともに続落した。TOPIXの前引けは前日比1.25%安だった。

前引け時点の東証1部の売買代金は概算で1兆1291億円、売買高は5億3503万株だった。東証1部の値下がり銘柄数は1583で、値上がりは503、変わらずは104銘柄だった。

三菱自マツダが売られた。アドテスト東エレクも安かった。一方、サイバーが買われた。資生堂も高かった。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン