/

東証前引け 続伸 景気の回復期待続く、値がさ株に買い

(更新)

16日午前の東京株式市場で日経平均株価は続伸し、前日比480円04銭(1.60%)高の3万0564円19銭で前場を終えた。取引時間中としては1990年8月2日以来およそ30年半ぶりの高値水準。新型コロナウイルスのワクチン普及で経済活動が正常化するとの期待が引き続き相場を押し上げた。前日の欧州株高も投資家心理を一段と明るくした。ファストリなど値がさ株が買われ、日経平均を押し上げた。

日本時間16日午前の米株価指数先物が堅調に推移したのも追い風となった。国内でも今週からコロナワクチンの接種が始まり、景気回復を後押しするとの見方から、海運や非鉄など景気敏感株の一角が買われた。

SMBC日興証券の太田千尋投資情報部部長は「企業業績の改善期待に加え、世界的な金融緩和策が当面続くとの観測も投資家を強気にさせている」と指摘した。

東証株価指数(TOPIX)は上昇し、取引時間中としては1991年6月以来の高値水準となった。JPX日経インデックス400は続伸した。

前引け時点の東証1部の売買代金は概算で1兆4453億円、売買高は7億73万株だった。東証1部の値上がり銘柄数は942、値下がりは1141、変わらずは108だった。

ソフトバンクグループ(SBG)、東エレクが高い。ソニー三菱UFJ三井住友FG商船三井住友鉱国際石開帝石も上昇している。一方、電通やトヨタ日製鋼は安い。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン