/

東証前引け 反発、一時2万8500円上回る 成長株に買い

(更新)

14日午前の東京株式市場で日経平均株価は反発し、前日比285円62銭(1.01%)高の2万8425円90銭で終えた。米長期金利の低下を背景に前日の米株式市場でハイテク株が上昇した流れを受けて、成長(グロース)株を中心に買いが入った。朝方に日経平均は2万8500円を上回る場面もあったが、戻り待ちの売りも出やすく買いの勢いは続かなかった。

前日の米株式市場では主要な半導体関連銘柄で構成するフィラデルフィア半導体株指数(SOX)が4営業日ぶりに反発し、半導体関連株の追い風となった。市場では「トヨタ自動車が挽回生産するという報道が出るなど、サプライチェーン(供給網)問題に対する懸念がいったん落ち着き、製造業の期待材料になりやすい」(大和証券の林健太郎シニアストラテジスト)との声も聞かれた。

半面、原油先物相場は1バレル80ドル台で高止まりしており、日本株の重荷となった。コスト増による収益圧迫への懸念が根強く、海運や空運株に売りが広がった。

午前の取引時間中に発表された9月の中国卸売物価指数(PPI)は市場予想を上回ったが、日本株市場で材料視する向きは限られた。

JPX日経インデックス400と東証株価指数(TOPIX)は反発した。

前引け時点の東証1部の売買代金は概算で1兆3326億円、売買高は6億1266万株だった。東証1部の値上がり銘柄数は873と、全体の約4割だった。値下がりは1198、変わらずは112銘柄だった。

東エレクアドテストが上昇。富士通オリンパスアルプスアルも買われた。一方、川崎汽商船三井は下落した。ANAHDクレセゾン第一生命HDも下げた。

14日に東証1部に上場したPHCHDは公開価格(3250円)を130円(4%)下回る3120円で初値を付けた。午前終値は2790円だった。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン