/

東証前引け 続落、一時600円安 米長期金利上昇で成長株売り

(更新)

13日午前の東京株式市場で日経平均株価は続落し、前引けは前日比518円78銭(1.84%)安の2万7628円73銭だった。前日の米株式相場の下落を背景に東京市場でも売りが優勢となった。中国・上海や台湾などアジアの主要な株価指数が軒並み下落する中、日本株にも売り圧力が強まり、日経平均の下げ幅が600円超になる場面もあった。

前日の米国市場では4月の消費者物価指数(CPI)の前年同月比上昇率が市場予想を上回ったことを受け、長期金利が上昇(債券価格は下落)した。高PER(株価収益率)のグロース(成長)株の割高感が意識され、ハイテク株が売られた。東京市場でもソフトバンクグループ(SBG)や半導体関連といった米ハイテク株との連動性が高いとされる銘柄に売りが膨らんだ。

10時すぎには日銀の黒田東彦総裁が参院財政金融委員会に出席し、上場投資信託(ETF)の買い入れについて「感染症収束後も継続」と強調。「市場の状況を見極めながら、必要に応じて行う」と述べた。内容に目新しさがないとして、取引の材料とする向きは乏しかった。

ただ、市場では「日経平均が2万7600円を下回る水準では自律反発狙いの買いが入りやすい」(三井住友DSアセットマネジメントの市川雅浩チーフマーケットストラテジスト)との見方もあった。

東証株価指数(TOPIX)は続落。前引けは前日比11.38ポイント(0.61%)安の1866.57だった。JPX日経インデックス400も続落した。

前引け時点の東証1部の売買代金は概算で1兆4920億円、売買高は6億7956万株だった。東証1部の値下がり銘柄数は1243と、全体の6割弱を占めた。値上がりは841銘柄、変わらずは103銘柄だった。

東エレクやスクリンが下落。エムスリーも安かった。日揮HDは10%超下げた。一方、セブン&アイは上昇。アサヒやキリンHDも買われた。デンソーも上がった。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン