/

東証10時 下げ渋り 200円安、半導体関連が支え

29日前場中ごろの東京株式市場で日経平均株価は下げ渋っている。前日に比べ200円程度安い2万8800円台前半で推移している。一時312円安となる場面があったが、朝方の売り一巡後は下げ幅を縮めている。28日の米ナスダック総合株価指数、米フィラデルフィア半導体株指数が上昇したのを受け、半導体関連やIT関連の一角は引き続きしっかりとした値動きになっている。

きょうはソフトバンクグループ(SBG)とファストリによる日経平均の押し下げが目立つ展開となっている。この2銘柄が下げ渋っているのも、日経平均の下げ渋りにつながっている。

10時現在の東証1部の売買代金は概算で7078億円、売買高は3億1784万株だった。

INPEXヤマハ発洋缶HD日電硝が安い。半面、NECネクソン富士通シャープが上げている。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません