/

東証10時 下げ幅縮小、3万円台で推移 「売買の材料乏しい」の声

19日前場中ごろの東京株式市場で日経平均株価は下げ幅を縮小し、前日比80円程度安い3万0150円近辺で推移している。週前半の上昇スピードが速かったこともあって、週末が近づくなか利益確定目的の売りが優勢。ファナックファストリが下げに寄与している。ただ下値では買いも入っている。

朝方に一時3万円台を割り込んだものの、その後は下げ渋り、3万円台で推移している。市場からは「企業の決算発表も終わり業績の新情報が途絶えるなか、売買の手掛かり材料に乏しい」(立花証券の鎌田重俊企業調査部部長)との声があり、積極的な売買を手掛けにくいムードもある。

10時現在の東証1部の売買代金は概算で7592億円、売買高は3億7668万株だった。

シャープやOKIなど電気機器の一角が軟調。日揮HDIHIも安い。一方、アドテスト東エレクスクリンなど半導体関連株の一角が堅調。日産化コニカミノルが高い。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン