/

東証10時 一時400円高、「強気な海外投資家が増加」

(更新)

19日前場中ごろの東京株式市場で日経平均株価は一段高となり、前日比380円ほど高い2万8600円台前半で推移している。上げ幅は一時400円を超えた。米国の経済対策実施による景気回復や、日米の企業決算に対する期待感が投資家心理を上向かせ、幅広い銘柄に買いが入っている。

ちばぎんアセットマネジメントの奥村義弘シニアアナリストは「主要国の金融緩和や大規模な財政出動が景気を押し上げるとの見方は強く、株価の先行きについても強気派が海外投資家を中心に増えている」と指摘している。

10時現在の東証1部の売買代金は概算で6540億円、売買高は3億521万株だった。

東エレクアドテスト信越化太陽誘電が買われている。ファストリソフトバンクグループ(SBG)、キッコーマンなども高い。一方、サイバーエムスリーキリンHDは下落している。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン