/

東証10時 3万円近辺で一進一退 政策関連銘柄には思惑の物色

(更新)

9日前場中ごろの東京株式市場で日経平均株価は、前日比160円ほど安い3万円近辺での一進一退が続いている。前日まで急ピッチの上昇が続いていたため、利益確定の売りが優勢だ。10日に9月の株価指数先物・オプションの特別清算指数(SQ)算出を控え、「持ち高調整の買いは一巡したようだ」(国内運用会社)との見方も多い。

一方、日経平均が3万円を下回る場面では断続的な押し目買いが入っている。次期政権が打ち出す政策を見越し、関連とみられる電力株などに思惑の物色が入っている。

10時現在の東証1部の売買代金は概算で9292億円、売買高は3億8863万株だった。

ソフトバンクグループやZHD、資生堂が下落。太陽誘電やミネベアも売られている。一方、東電HDや関西電は上げ幅を広げた。郵船は上昇し、一時1万円台に乗せた。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン