/

東証10時 100円超上昇 バリューの景気敏感株に買い

9日前場中ごろの東京株式市場で日経平均株価はじわりと上昇し、前日比130円程度高い2万8800円台後半で推移している。米長期金利の高止まりを警戒して指数寄与度の高いグロース(成長)株に売りが出ているが、米議会上院が1.9兆ドル規模の追加経済対策を可決したことから自動車、鉄鋼などの景気敏感株には買いが入り指数を押し上げている。

ちばぎんアセットマネジメントの奥村義弘シニアアナリストは「バリュー(割安)な景気敏感株の業績回復に対する期待感が高まっている一方で相場を先導してきたグロース株の割高感は強く、資金を移す動きが加速している」と話す。

10時現在の東証1部の売買代金は概算で9661億円、売買高は5億1487万株だった。

個別ではトヨタ日本製鉄電通グループが上昇している。一方、東エレクレーザーテクなど半導体関連株が下落している。ファストリソニー任天堂モノタロウも安い。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン