/

東証10時 200円安、米金融政策を警戒 ファナック安い

(更新)

26日前場中ごろの東京株式市場で日経平均株価は下げ幅を拡大し、前日比200円ほど安い2万6900円台前半で推移している。主力の値がさ株を中心に売りが強まり、2万7000円の節目を連日で割った。米連邦公開市場委員会(FOMC)の結果発表を前に、金融引き締めに積極的な姿勢をみせることを警戒した売りに押されている。

企業業績の先行きに対する楽観的な見方も後退するなか、きょう大引け後に決算発表を控える日電産ファナックの下げも目立っている。

10時現在の東証1部の売買代金は概算で8546億円、売買高は3億1954万株だった。

東エレク塩野義アドテストが安い。ファストリも弱含んでいる。一方、スズキソフトバンクグループ(SBG)、任天堂は上昇している。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン