/

東証10時 上げ幅縮小、一時2万9000円割れ 年度末のリバランス売り警戒

(更新)

26日前場中ごろの東京株式市場で日経平均株価は上げ幅を縮めている。510円高となった後は売りにおされ、足元では270円高近辺で推移する。一時は節目の2万9000円を下回った。25日の米株高を材料にした買いが一巡。年度末を控えた機関投資家のリバランス(保有資産の構成比率調整)目的の売りへの警戒が重荷となっている。3営業日ぶりに2万9000円に乗せたことで、目先の利益を確定させようとする動きも出ている。

日経平均への影響度が高いファストリは下げに転じた。ソフトバンクGも伸び悩んでいる。

10時現在の東証1部の売買代金は概算で8197億円、売買高は3億8451万株だった。

IHI日立建機日野自いすゞ川重が高い。半面、ニコンシチズン双日クラレ太平洋セメが下げている。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン