/

東証10時 高値圏で推移 成長株への資金流入が押し上げ

15日前場中ごろの東京株式市場で、日経平均株価はきょうの高値圏で推移している。前日の米ハイテク株高を好感した買いが続き、前日比260円あまり高い2万9400円台前半と、約1カ月ぶりの高い水準を維持している。東エレクファナック、リクルートなど成長株への資金流入が日経平均を押し上げている。

朝方から買いが先行した。前日の米株式市場でハイテク株比率の高いナスダック総合株価指数が約1カ月半ぶりに過去最高値を更新したほか、円相場の下落が日本株の追い風になっている。

一方、景気敏感株には利益確定の売りが目立つ。業種別日経平均では空運や海運、不動産などが下落している。

10時現在の東証1部の売買代金は概算で7245億円、売買高は3億723万株だった。

SUMCOエーザイ住友不が高い。オリンパス洋缶HD、エプソンが堅調。一方、鹿島ANAHDが安い。日本製鉄IHIJFEが売られている。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません