/

東証10時 上げ幅100円超に拡大、米株価指数先物の上昇で

15日前場中ごろの東京株式市場で日経平均株価は上げ幅を広げ、前日比110円ほど高い2万9700円台前半で推移している。米株価指数先物が日本時間15日午前の時間外取引で上昇していることを受け、日経平均先物にも短期筋による断続的な買いが入り、指数を押し上げた。

先物主導で上げ幅が拡大する中、指数寄与度が高いファストリが上昇に転じた。デンソーホンダなど自動車関連株にも買いが入っている。「景気循環株の中でも出遅れ感があった銘柄に買いが入りやすい」(大和証券の林健太郎シニアストラテジスト)との指摘が出ていた。

JPX日経インデックス400と東証株価指数(TOPIX)も上げ幅を広げている。

10時現在の東証1部の売買代金は概算で7151億円、売買高は3億3703万株だった。

SBGKDDIが高い。セブン&アイも上昇している。一方、ファナック安川電は安い。テルモも売られている。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン